ホームへ
靖子の政策
プロフィール
ハツラツ日記
エッセイ
議会報告
道政だより
私の好きな手稲のお店
後援会活動
お問い合わせ

エッセイ

我が家のホワイトイルミネーション
 11月末には、大通り公園や駅前通りに毎年恒例のイルミネーションが点灯し、冬のイベントとして定着しました。寒く暗い冬を、豪華で幻想的でファンタスティックな光景に変え、道行く市民や観光客を喜ばせています。
我家の近くでも毎年庭一面に大掛かりな電飾を楽しんでいる家があり、JRの窓からその風景が楽しめます。
 この秋、手稲区で車上狙いの上放火される事件が16件と多発しました。
2〜3の現場を見ましたが、放火された車の車内は真っ黒に焼けただれ、無残で不気味姿です。また現場は街灯が遠く、暗い家が狙われているようです。放火は我が町内まで迫り、次ぎは我家では?とヒヤヒヤでした。
我が家も車庫前に一台駐車していたので、車庫の街灯も一晩中点灯し明かりを確保しておきました。
犯人は車内からカーステレオ等を外した後、発炎筒を発火させ放火することから、発炎筒は外し、できる防衛はすべて行い、ひたすら犯人の逮捕を待ちました。
我が町内会でも自警団を結成し、揃いのジャンパーを着て交代で明け方まで見回りをする計画でしたが、2〜3日後ようやく逮捕されました。
今回は防犯に対し真剣に考える機会を与えられた事件でした。
 我が家の小さな庭の隅に松の木があり、何年か前からささやかなイルミネーションを飾っています。
庭や道路は堤防に面していることから暗く、イルミネーションは小さくとも輝きが浮き上がり帰途で我が家のイルミネーションが見えるとほっとします。
もしかしたらイルミネーションは美しさや安心感だけではなく、防犯の役割りをも果たしているのではないでしょうか?
 今年は使命感に燃えて我が家の松の木にホワイトイルミネーションを飾り付けします。
<< エッセイの目次に戻る
Copyright(C) Yasuko Suda. All Rights Reserved.